HOME>記事一覧>地域別の固定資産に対する行政の考え方と住民の捉え方

土地価格の変動状況

部屋

広島県は中国地方の中心地であり、他の地域と比較すると不動産価格は全体的に高くなっていますが、場所によって大きな違いがあります。これは別の地域でも同じですが広島は特に顕著であり、大きな都市の商業地域はとても高くなっていますが、郊外の山間地は安くて落差が激しいです。これは商業地は不動産の移動が少なく価値が高くなっていますが、郊外は農地や原野からの変更や住民の移動など変動が多いからだと言えるでしょう。ただし広島は埋め立てが盛んに行われていて臨海地域は行政の補助もあるので、立地のいい場所でも安く購入できる場合もあります。

環境の違いから来る土地価格の差異

女性

広島は瀬戸内海に面しているので温暖な印象がありますが、実際は南部と北部の気候は大きく異なっていて、それが不動産価格に反映されています。南部はイメージ通りに温暖で冬になってもほとんど雪は降らないので過ごしやすいのですが、北部はいくつもスキー場があるような豪雪地帯も少なくありません。このような理由から南部地域は不動産価格が高く、北部になるほど安くなるという傾向が強くなっています。

工業地帯の状況

住宅模型

広島は工業も発達した地域になっていて、有名なのは自動車や造船といった重工業ですが、半導体や石油化学の分野も広く行われています。工業地帯は不動産の移動が少ないので価格も大きく変化しませんが、商業地域と比べると割安感がある不動産と考えられています。ただし、危険や薬物を使用していていると一定期間の使用が禁止されるため、実際に不動産を購入するにはリスクがあるでしょう。

新興住宅地は買うべきなのか

家族

広島では市内への人口流入が激しく土地が不足しているため、郊外に住宅地を開発する事業が多く行われています。このような新興住宅地は不動産価格が割安なので購入しやすいのですが、市内に行くための交通が自動車に頼ることが多くなっています。新規交通システムで鉄道やモノレールが敷設される場合もありますが、料金設定が高くなっているので、自動車が無いと厳しいと言えます。

広告募集中